KAMIKAZEニュースコラム » アーカイブ

峯岸みなみ坊主で、これは虐待だという人もいるが・・・

読了までの目安時間:約 4分

 今日(2月3日)、AKB48峯岸みなみさん(20)のお泊り相手、白濱亜嵐さん(19)が、横浜で行われたEXILEの弟分グループ・GENERATIONSの握手会で、お泊り騒動の謝罪をしました。

 前日の大阪での握手会では、東スポの記者が、「峯岸さんは坊主にしたが、白濱さんが坊主になる可能性は」と突っ込んだ質問をしたそうですが、無言でうつむいたまま。東スポの記者の質問自体、バカげた質問かと思いますが(仮に坊主にしたら、なおさらマスコミの格好の餌食になりますし)、何もコメントできない、しない白濱さんには同じ男として少々いらだちを感じました。

 それはそうと、峯岸さんの坊主をみて、あれは虐待だとか、自主的にやったといっているが、ほかの恋愛前科もちみたいに、左遷や卒業させられたくなければ坊主にするぐらいの謝罪の気持ちを見せる必要があったとか、いろんなコメントをしていますが、私は少し見解が違います。

 以前にも書きましたが、アイドルにとって、恋愛沙汰はただちに商品価値に響きます。恋愛容認のアイドルならまだしも、恋愛沙汰が表に出て人気が落ちないアイドルはいません。※ここでいうアイドルというのは、役者や純粋な歌手(見た目で人気を取っていない人)を除きます。ようは見た目重視のいわゆる「アイドル」です。

 アイドルとしての商品価値が下がれば、当然今までと同様に売り出すことは難しくなりますので、ビジネスとしては、扱いが異なってくるのは当然です。なにせ人気が落ちれば収益が下がりますから。それでも、本人は今までどおりAKB48の一員としていたいというのは、ビジネス上は難しいところです。彼女の気持ちもわかりますが、人気商売である以上、人気が落ちた人は自然とメインからはずされていく仕事なのですから。

 峯岸さんとしては、そのような業界に身を置いていることを今更ながらヒシヒシと感じていると思います。知りあいの業界人(当然名前は言えません)から聞くところによると、やはりAKB48のメンバーの中には、自分たちがAKBの一員であることを鼻にかけ、かなり態度が悪い人たちもいたそうです。峯岸さんがそうとは言いませんが、「自分なら大丈夫」という気持ちもあったかもしれません。

 このような中、峯岸さんが自ら坊主にして謝罪の意を表すような雰囲気のAKBが悪いという人もいますが、彼女に同情こそしても、ビジネス上ラインから外すのは当然のことです。他のメンバーにも示しがつきませんし、商品価値が下がってしまったからです。このような判断は彼女が坊主にしてもしなくても変わらないと思います。

 言い方は良くないかもしれませんが、坊主にした結果さらに見た目の商品価値も下がってしまいました。残念ながらほとぼりが覚めるのと、彼女の髪がある程度伸びること、さらに人気が戻ってこないと峯岸さんの居場所はないと思っておいた方がいいと思います。少なくとも”AKB48”の中にですが。。。

峯岸みなみ(AKB48)が熱愛、お泊り報道で丸刈り謝罪。お泊り相手は

読了までの目安時間:約 3分

  本日発売の週刊文春で、なんとAKB48の古参の1人、峯岸みなみさん(20)が、EXILE弟分のグループ「GENERATIONS」のパフォーマー・白濱亜嵐(しらはまあらん)さん(19)とのお泊りデートがすっぱ抜かれてしまいました。ちなみにこの白濱さんは、母親はスペイン系フィリピン人で、姉にモデルもいるイケメンパフォーマーです。

 峯岸さんは、今回のスキャンダルに対して、すべての非は自分にあるとしつつも、愛着のあるAKB48をやめることはできない、ということでほかのメンバーや秋元康氏、戸賀崎智信氏にも相談せずに自ら丸刈りにしたとのこと。そのうえで、メッセージ動画での謝罪をアップしました。

  

 

 これをうけて、2月1日付で峯岸さんはAKB48の研究生に降格。今後の活動をどうするかについては、決まり次第発表とのこと。

 一期生でAKB48の中でも存在感もあり、頼りにされていたメンバーの不祥事とあって、AKBファンのみならず、世間を騒がせていますが、ここで気になるのが秋元氏の言葉。

「恋愛禁止なんて言ってない。。。」(要約) 

文字通りとらえるならば、何の処分もなしなのがスジなのでしょうね。ただ、AKB48の内部のルールがどうであれ、アイドルはファンあってのお仕事です。やはり峯岸さんの人気に影響が出ることはやむを得ないでしょうね。

 アイドルというのは、一番恋愛をしたい時期にほかの人と違う道を選んだ以上、その犠牲も覚悟の上とは思いますが、まだ精神的にも強靭さもない若い世代にこのような恋愛ができないという苦痛を負わせるのもかわいそうな気がします。

 そうはいいつつ、ご自身で決めて選んだ道、どんなに辛くても全うしてもらいたいものです。

 個人的には、アイドルでも恋愛をしていいと思います。ただ、ビジネス上は、アイドルという商品の属性上、市場価値が下がるのも厳然たる事実。また、当然1人でアイドルになっているわけではなく周りには事務所の人や関係者等もおり、ある意味その人たちの生活の糧にもなっている職業です。そのような方々との合意の上ならまだしも、それがない以上はつらいようですが「恋愛をしない」ことを徹底するのが、芸能界に生きる人間のルールだと思います。

 ちなみに、NHKの「おかあさんといっしょ」のお姉さんも恋愛禁止とのこと。お姉さんがお泊りデートなどを報じられてしまったら、おそらくかなりのイメージダウンになるのでしょうね。。。

 了

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブス
サイト内検索
公式ツイート
タグクラウド