KAMIKAZEニュースコラム » 政治 » 【意味があるのか?】就活解禁時期を3年生の12月から4年生の4月に

【意味があるのか?】就活解禁時期を3年生の12月から4年生の4月に

読了までの目安時間:約 2分

就活の解禁時期を3年生の12月から4年生の4月に変える方向で動いているみたいですが、これって意味があるのでしょうか?

就活をする学生にしてみれば、公な「解禁」が3年だろうと4年だろうと、大学は企業に就職するための「切符」になっている以上、OB訪問などはするわけで、あまり意味がないように思えます。

大学側の要請も強いといってますが、大学側が勉学に集中させたいのでしたら、簡単に単位を与えないようにして、そのうえで、授業の内容をより実社会に役立つものや、生徒が興味のあるものにする必要があると思います。

学力低下といってますが、今の大学の実態自体が学力低下の原因であり、就活時期はそれほど大きくない要因に思えます。

大学の授業がつまらない、役に立たないから、本屋では、「ハーバードスクルールの白熱教室」みたいな一方通行ではなく、双方向の考えさせられ、実になる授業に惹かれるんだと思いませんか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130402-00000565-san-bus_all


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブス
サイト内検索
公式ツイート
タグクラウド