KAMIKAZEニュースコラム » 韓国 » 

「ナッツ・リターン」問題 逮捕状請求の背景に「国民情緒法」

読了までの目安時間:約 4分

ナッツリターン問題と書くと、ジョークのように聞こえるが、韓国では今大きな問題となっている。

 

別に、ナッツが問題というわけではなく、ご存じのとおり、大韓航空の当時副社長であった趙顕娥(チョ・ヒョナ)氏がCAに文句をつけて、飛行機の運航を送らせた事件。

 

以下ウィキペディアより参照。

「2014年12月5日午前0時50分(現地時間)、アメリカ合衆国・ジョン・F・ケネディ国際空港から大韓民国・仁川国際空港に向かう大韓航空86便(エアバスA380型機)が滑走路での離陸準備に入ろうとしている時、本機に搭乗し、ファーストクラス[2]の座席に着席していた大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョナ。1974年10月5日 - )副社長に、本機に乗務していた客室乗務員(以下CA)がマカダミアナッツを袋に入れたまま提供したところ、趙副社長がこれに対して「機内サービスがなっていない」と激怒し、CAに対して「今すぐ飛行機から降りろ」と指示した。」

 

これを受けて、韓国内では大韓航空を傘下にもつ、財閥(韓進グループ)への批判も強まっている。

 

そこで、いかにも韓国らしいのが、憲法よりも重要といわれている、

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブス
サイト内検索
公式ツイート
タグクラウド