KAMIKAZEニュースコラム » 事件 » 世論は必ず反転する……異物混入事件に見る。マスコミよ、今さらガタガタ騒ぐな!

世論は必ず反転する……異物混入事件に見る。マスコミよ、今さらガタガタ騒ぐな!

読了までの目安時間:約 4分

前回の記事でも書いたが、異物混入の事案をマスコミで取り上げる記事が異常事態となっている。

 

何度もいうが、異物混入自体それほど珍しいケースではない。

 

だが、マスコミがマックをたたきたいのか、やたらと「大事件だ!」というように取り上げたものだから、マック以外の食品にもどんどん飛び火しまくっている。

 

私が前回の記事を書いた前後に、元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏が「歯はおかしいだろ」と題して、 ブログに記事をアップした。(→長谷川豊氏のブログ記事はこちら→http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/42194641.html )

 

私もまったくの同意見である。

 

また、続いてビートたけし氏も

スポンサードリンク


今回の異物混入事件に触れて、苦言を呈している。

 

こちらもまったくもって同意見である。

 

タイトルにも書いたが、マスコミをはじめとする世論は非常に作為的なものだ。

たたくだけたたいておいて、ある時点を機に今度は反対の記事を書く。

 

初めから客観的な立場で、両方の意見を公平に記事にしていればよいものを、それではエキサイティングな記事にならないためか、必ず最初はどちらかに偏った記事を書く。

 

その後、ネタが尽きてくると、まったく他人のふりをして、今まで自分たちがかいた生地の真逆のことをネタにし始める。

 

小保方氏のときは、最初はこれでもかというほど持ち上げておいて、その後急転直下に誹謗中傷してお年に落としまくった。もちろん、小保方氏の件は本人にも火があるかと思うので同様に論じることはできないが、それでも、この手のひら返しの厚顔無恥さといったら見ていて腹立たしいものがある。

 

話はもどるが、今回の異物混入事件については、そろそろ異物混入を悪とするキャンペーンにネタが尽きてきそうなので、今後は擁護する記事が増えてくるだろう。

 

普通にみても「やりすぎ」である。

食品の加工やモノ作りにおいては、どうしてもある一定の割合で不備がでる。これを0にすることは難しい。それを踏まえたうえで、そのような不備が出てしまった場合、どのように対応をするのが適切なのか、費用対効果を無視した今のやり方では誰もよろこばないだろう。

喜ぶのは、記事を書いて金になる、マスゴミぐらいだろうか。。。

 

世の中、何事も表があれば裏がある。モノの見方を変えれば全く違った考え方、意見、主義、主張があるのは当然だ。それをわかったうえで、メシのタネに記事にする輩は、もっとこの国の産業や発展を考えるべきだ。

 

いたずらに世論を先導したり、不確実な事実で金もうけをするのはいい加減やめてほしい。

 

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150110-00050096-yom-soci


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブス
サイト内検索
公式ツイート
タグクラウド